ウエストエンドウォッチとは

 

1864年にスイスのサンティミエに設立されたアルシード・ドロー &サンズ社(Alcide Droz&Sons)が、最初の耐水性時計インパーミアブル(L‘lmperméable)を開発。この時計はスイスのラ・ショー=ド=フォンにある国際時計博物館に今日も展示されています。 その開発によって、1886年にはアルシード・ドロー&サンズ社よりウエストエンドウォッチカンパニー初の時計が製造されました。
WEST END WATCH ウエストエンドウォッチ
ウエストエンドというネーミングは、英国の流行発信地であるロンドンの中心地のエリア名、ウエストエンドに由来します。 ニューヨークのエンターテイメント街がブロードウェイならば、ロンドンではウエストエンドと言われるほどの娯楽の街です。 創業当時、スイスからヨーロッパの貿易の要所であった英国に市場を求めていたことが、その名に込められています。 WEST END WATCH ウエストエンドウォッチ
Googleマップより
WEST END WATCH ウエストエンドウォッチウエストエンドウォッチカンパニーは、英国軍への供給を目的とした最初の腕 時計の製造を開始し、第一次世界戦時 中に約5万本もの腕時計を供給したこ とにより、兵士からウエストエンド ウォッチの評判は広がり、やがて中東 やインドにまで流通を展開しました。 当 時 に 生 産 さ れ た ソワール(SOWAR)は、映画「アラビアのロレンス」で知られるイギリス陸軍将校のトーマス・エドワード・ロレンスと彼の下士官に採用されたことも語り継 がれています。そのロレンス部隊とインド軍が採用したことで、チベットからアデン(イエメンの旧首都)にまで好評を博し、戦時中にスイスから世界各地への過酷な輸送経路においても不具合をきたさなかった時計として、その性能と信頼性が支持されました。 これにより、時計愛好家や軍用品コレクターの間で“ミリタリーウォッチの名門”としても古くから知られています。  
WEST END WATCH ウエストエンドウォッチ1917年にウエストエンドウォッチカンパニーの社名をジュネーブにて登記。ソワール(SOWAR)のモデル名もスイスで商標登録されました。ソワールはヒンドゥー語で戦士を意味し、その勇敢で大胆なイメージをデザインに反映し、今日も後継機が製造されているロングセラーモデルです。
次のページを見る>>